0-4歳のプレゼントにイチオシです♡ぬいぐるみとお話ができるよー!

お気に入りのぬいぐるみとかお人形さんとか、女の子なら誰しも1つくらいはありますよね。
ママたちも子供の頃に、大好きなぬいぐるみやお人形と一緒に「ごっこ遊び」とかしたと思います。
そして、その頃、「この子とお話できたらいいのにな〜」と思ったり、実際、話しかけたりした経験がある方もいらっしゃいますよね。
そして今、自分の子供が同じことをしている。
時々、ママがぬいぐるみのアフレコをしてあげていることもあるかもしれません。

そんなお子さんが、めちゃくちゃ喜びそうな、そしてママもニンマリするような、素敵なおもちゃをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
AdSense

『ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン。 Pechat(ペチャット)』


【公式HP】心を通わせるおしゃべりボタン。『Pechat(ペチャット)』

『Pechat(ペチャット)』は、ボタン型のスピーカーで、このボタンをぬいぐるみに取り付けてあげます。
(取り付けは、糸で縫ったり、紐で引っ掛けるなどします。)
専用のスマホアプリ(Android/iOS)から操作すると、そのスピーカーから音声が聞こえ、まるでぬいぐるみがおしゃべりしているかのようになるのです。

ただ単におしゃべりするぬいぐるみは、今までにもありましたが、どうしても自由度が少なかったり、見た目がイマイチだったり。『Pechat』は、すでに持っている大好きなぬいぐるみにお話してもらえるのが最大のポイントです。

『Pechat(ペチャット)』でいろんなお話をしよう!

おしゃべりの方法もいろいろ。

・文字で入力したセリフを読み上げる
フリーテキストで入力した通りにおしゃべりしてくれます

・音声で吹き込んだセリフをペチャットの声に変換してお話しする
男の人の声もかわいい声になるし、ママが怒っている時でも優しい声になります

・20カテゴリー、400セリフのセリフリストから選んで読み上げる
シチュエーションにぴったりあったセリフがたくさん用意されています

『Pechat(ペチャット)』には、おしゃべり以外にもできることがたくさん!

・収録されている20曲の中から歌を歌う
一緒に歌も歌える!

・収録されている日本の昔話や世界童話を20話の中からお話を読む
おやすみ前のいわゆる「ベッドタイムストーリー」もお気に入りのお友達におまかせできます。

・おまかせモードでお友達のようにおしゃべり
声に反応してペチャットが返事を返してくれる「おしゃべりモード」と、話しかけた言葉をまねする「まねっこモード」。

・ママに変わって赤ちゃんの見守りも
泣き声や物音に反応してママのスマホへお知らせしてくれたり、グズる赤ちゃんをあやしたりしてくれるようなメロディーや音声が16種類も入っています。

・ペチャットのお話する声は3種類
お気に入りを選んでもいいし、シチュエーションで使い分けたり、ママとパパで使い分けたりしてもいいですよね。

そのほかに、タイマー機能もあります。

収録されている歌やお話はストアで追加ダウンロード(なんと無料!)できて、飽きることなく長く楽しめそうです!

『Pechat(ペチャット)』を具体的に見てみよう

『Pechat(ペチャット)』で自分の世界を広げてもらって、ママもにっこり♪

子供が小さければ小さいほど、ママがつきっきりになる時間も多くなってしまうことが、負担を大きく感じさせる要因でもあります。
ママも「ちょっと休憩したいよ〜!」っていう時に、ペチャットで子供のお相手をしてもらえたら、少しだけゆっくりとソファに座ることもできるかも。しかも子供がペチャットと遊ぶ姿はなんともキュートで癒されることも間違いありません!

また、ちょっとイライラしてる時とか、つい強い口調で注意してしまいそうな時にも、ペチャットに代わりに言ってもらいましょう。ママの気持ちも落ち着いたり罪悪感に苛まれることもなくなったり、子供も、同じことを言われてもペチャットに言われたことなら素直に聞いてくれる気になるかもしれませんよ?

2歳くらいになると、そろそろ一人遊びもして欲しくなりますよね。
そんな時にも、無機質なお人形遊びやごっこ遊びよりも、ペチャットで会話のキャッチボールがある程度できる遊びをした方が子供も楽しいですし、言葉や会話の練習相手にもなってくれるメリットもあると思います。
ナイショ話とか、するようになったらそれもまたかわいいですよね♪

4歳頃には、自我も強くなってくるので、怒られたとき、納得がいかないとき、その気持ちをペチャットに愚痴るかも!?

実は大人にも『Pechat(ペチャット)』は心強い

純粋にペチャットとおともだちとして楽しめるのは、0歳から4歳の時期かな、と思います。

でも小学生になっても、実は大人になっても、ペチャットがお手伝いできることがあります。

自分で直接口に出しては言いにくいこと。

それをペチャットに代わりに言ってもらいましょう!

友達や恋人、親子、夫婦、いろんなプライベートの人間関係でのケンカの仲直り。
近い間柄だからこそ、素直に謝れないことがあったり、言いたいことがうまく言えなかったりする場面ってありますよね。
そんな時に、本当は言いたかったことをペチャットに代わりに言ってもらうことで、お互いに冷静になったり、素直に聞く耳を持つこともできるかもしれません。
「ごめんね」だけじゃなくて、「ありがとう」もそうですよね。

クリスマスプレゼントやバースデープレゼントに!

今仲良しのぬいぐるみにつけてあげるのも、もちろん素敵ですが、プレゼントとして贈るのならば、一工夫してさらにサプライズ感を盛り上げましょう!

おすすめは、ぬいぐるみにあらかじめ「ペチャット」をつけておいてあげるプレゼント方法。

かわいらしくラッピングして、渡してあげましょう!

そして、ラッピングを解いて、ぬいぐるみが顔を出したら…

「Happy Birthday!」「初めまして!」「◯◯ちゃん、お誕生日おめでと〜!」「メリークリスマス!」などなど、お子さんがビックリ喜ぶような顔をしてくれるような、ぴったりのメッセージをペチャットにお話ししてもらいましょう!

最高のベストショットを逃さないように、動画や写真撮影の準備もお忘れなく。

『Pechat(ペチャット)』がみんなを笑顔にしてくれますように。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする