話題の「モンテッソーリ教育」が気になって調べてみたら・・・

無意識に私自身が「こうありたい」と思っていた子供の教育方法が、まさに「モンテッソーリ教育」であることに気がつきました。

今年になって、急に身の回りで「モンテッソーリ教育」という言葉を耳にするようになりました。
特に、幼稚園探しや保活をしている場面で遭遇する「モンテッソーリ教育」。
子供への教育に対する手法のひとつであることは、なんとなくわかっていましたが、一体それがどんな考えで、どんな方法を用いて、どんな効果を期待するものなのか、要点を調べてみましたので、シェアしたいと思います。

スポンサーリンク
AdSense

そもそも「モンテッソーリ教育」とは?

イタリア最初の女性医学博士「マリア・モンテッソーリ」によって考案された教育法です。

彼女は、もともと障害児の治療教育に携わっていましたが、その教育法が健常児にも適応されるものであると感じていました。後に「子どもの家」と呼ばれる保育施設での監督・指導を任された彼女はそこから得た事実により教育法を構成。

それが「モンテッソーリ教育法」です。

その教育法の正しさは、現代の大脳生理学、心理学、教育学などの面からも証明されています。

「モンテッソーリ教育」の基本:親は子を”援助する存在”に徹しなければならない

「子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」

責任感の強い親、また心配性の親ほど、あれこれと先回りする勢いで子供を手助けしようと頑張ってしまうものだと思います。
「子供は何も知らない、わからない」を大前提に、だから自分(親)がそれをカバーしなくちゃ、という動きになってしまう。

でも実はそれは大きな勘違いで、子供は自分のペースでそのタイミングを計りながら自分で成長していく。
大人はあくまでもそのサポーターである、というのがモンテッソーリの考え方です。

「手取り足取り」なオーバー育児を見直そう

生まれたてホヤホヤの子牛や仔馬が、足をガクガクさせながらも立ち上がろうとする映像を見たことがあると思います。
感動映像などで見かけるアレです。
その映像の中で、母牛や母馬は、子供に立ち上がるように促したり、体を支えてあげたり、何かを教えているのでしょうか?
おそらく、生まれた子が自らの本能に、正直に、「立ち上がろう」と思って自発的にその行動に出ているのだと思います。お母さんはそれをただ見守っているだけ。

基本的には人間も同じであるべきなんじゃないかと思います。

子供が成長の段階ごとに自ら何かをやろうとすることを、親は決して制御してはいけない。
なぜならそれは、その時、子供自身の準備が整って、何かを習得しようとしているから。

また、子供がやろうとしない時に、それを強要したり詰め込むようなことをしてはいけない。
なぜならそれは、まだ子供自身の準備が整っていないから。

その成長段階に合わせて、その時子供が何を習得するべきなのかは、子供自身が一番よくわかっている。
それが分かる力と、吸収する力、伸ばす力を子供自身がちゃんと持って生まれてきてる。

でも、子供本人はそれを声に出して説明することはできません。
「ママ、今が〇〇をやる時だよ!」ってアピールしてくれたら、「よっしゃ!」って対応できるのですが。。

なので、周りの大人たちは、子供たちの、その声にならない、文章にならないアピールを、見落とさない観察力が必要になるのです。急にあるものに興味を持ち始めた、とか、今まで見向きもしなかったことをやりたがるようになった、とか、きっとサインはそんな些細なことなんだと思います。

そのサインを見逃さずに、それでいて強引にならない距離感を持って、その子供の気持ちをサポートしてあげることが大人としての役割である、というのが、モンテッソーリの基本だと思います。

「モンテッソーリ」に照らし合わせると見えてくるシンプルな子育て

そう考えると、私たちが子育てする中で子供の成長や発達を気にする時、見るべきは「母子手帳」や「育児書」ではなくて、「子供自身」である、というすごくシンプルな考えに行き着きます。

寝返り、おすわり、離乳食の時期(離乳推移も含む)、立ったり歩いたりする時期、話し始める時期、オムツ外れの時期。

目安とされる時期に当てはまっていないと心配したり、検診でそのことを指摘されて落ち込んだり、焦ったりすることもあると思います。

でも、実はそれらはぜーんぶ、必要のない心配や落ち込みだということ。
検診での指摘なんて、はっきり言って論外だと思います。
たったその1日の数分間を見たり、話を聞いたりしただけで、子供の成長具合にダメ出しされるとか。
「大きなお世話!」って思っておけばいいんです。

振り返ってみると、「そろそろ〇〇の時期かなー」と思って試行錯誤ながらやり始めてみてもさっぱり結果に繋がらず、やめてみて少ししたら急にそのことがクリアできるようになったり、というようなことがありました。

トイレトレーニングなんかは良い例ではないでしょうか?
うまくいかない時は、まだそのタイミングではないからであって、身体的な問題とは、ほぼ無関係。
タイミングが来れば、少しだけ大人がサポートしてあげるだけで、あっけなくできるようになったりするわけです。

「モンテッソーリ教育」における大人の役割

モンテッソーリ教育において、大人ができることについて考えてみます。

「サインをキャッチする」
日頃から子供をよく観察して、いつもと違う興味の方向性を感じ取る

「子供が自発的に行動する自由を与える」
子供が自分でやりたい気持ちになった時が、そのタイミングだと認識する。行動を押し付けない。

「環境を整えてあげる」
手助けになるような道具を準備してあげたり、興味を盛り上がらせるような環境を作る

「お手本を見せてあげる」
手取り足取り説明をしながら「教える」のではなく、目的の行動をゆっくりと行ってどうやっているかを「見せてあげる」

「モンテッソーリ教育」の目的

モンテッソーリ教育の目的はそれぞれの発達段階にある子どもを援助し、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てる」ことです。

この中で、私が最も大切だと考えるのは、「自立していること」「生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てる
」こと、の2点です。

誰かがいないと何もできない、というのは生きていく上で非常に危険だと思います。
もちろん、周りの仲間とともに歩んでいくことは大切です。しかし、それはそれぞれの個人がまずはしっかりと一人で立ち、その上での協調・協力であるべきで、ただ単に臆病に他人に「依存」するようでは、人生を歩んでいく上で足元が心配です。
そしてその「自立した個人」になるためには「学びつづける」こと、言い換えれば「考えることをやめない」人間であることが重要だと思うのです。

私自身が気がつけばそういう人間になり損なってしまっていることから、人生において後悔することや苦しい状況に陥ってしまうこと経験をして、どうすればよかったかを考えると、やはり「流されない」「自分の足で人生を歩いている実感を持ちつづける」「頭を使いつづける」、この3点に尽きるのです。

人はそう簡単に変われません。どうあるべきかがわかってもすぐにその姿にはなれない。努力が足りないのかもしれませんが。。。

でも、まさにスタートを切ったばかり、これから人生を歩き始める子供たちに、自分の経験を通して、なるべくその道を通らないように、伝えてあげることはできるはずです。

「モンテッソーリ教育」を家庭でも取り入れていこう

モンテッソーリ教育の基本的な考え方と目的を、私自身の捉え方を交えてご紹介してきました。
この教育法の良いところは、「子供が自分のことを自分でできるようになる」ところです。
なんでもそうですが、興味を持って自分のペースで何かを習得できた時、人間は喜びを感じて、良いイメージで脳にインプットされるので、その行動を繰り返すことに躊躇がないのです。嫌な思い出のあることって、できれば繰り返しやりたくないでよね?その逆、というわけです。

子供が自分でできることが増えてくれば、ママにとってもそれはとても助かりますよね。
日常の些細な習慣、「手を洗う」や「蝶々結び」、「洋服のたたみ方」など、どれもが子供にとっては「学び」です。

「モンテッソーリ教育」をうまく取り入れて、シンプルでリラックスした学びのステップで子供の成長を見守りましょう!

※今回の記事は「日本モンテッソーリ教育綜合研究所」公式HPを参考にさせていただきました。
公式HPでは、全国のモンテッソーリ教育実施園も紹介されていますので、幼稚園選びの参考にもどうぞ。

「日本モンテッソーリ教育綜合研究所」>>http://sainou.or.jp/montessori/index.php

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする