洗濯効率化のコツ!おすすめ便利グッズはコレ!

正直言って、家事ってよっぽど好きじゃない限りどれもこれも面倒です。
しかも毎日のことですし、サボればサボったぶんだけツケが回ってきます。

その中でも手間もかかるし動きも多くなる洗濯。
洗濯を効率化してなるべく面倒な手間を省くようにすれば、家事にかかる時間も短縮できますし、そのための便利グッズもたくさんあります。

今回はその中でも私の気になった商品をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク
AdSense

脱衣カゴが洗濯ネットに!ぜーんぶまとめて洗濯機へ。

洗濯の手間を省く作戦はまずは脱衣所からスタート。

脱衣カゴから洗濯機へと洗濯物を入れ替える手間を省きます。

そしてさらに洗濯機の運転が終了したあとに、再び洗濯物をカゴに入れ替える手間も省いて、そのまま物干しへGOできます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ズボラーネット バッグ型大
価格:864円(税込、送料別) (2018/4/1時点)

その名も「ズボラーネット」!
自立型の洗濯ネットで、脱衣カゴの替わりに脱衣所においておけば、洗濯物が出たときにはこのネットにポイっ。

洗濯のときには、ネットのファスナーを閉めたらそのまま洗濯機へ。

もちろん洗濯ネットとしての役割も果たしてくれます。

ギュウギュウに詰め込みすぎるのも良くないですし、タオル類と衣類は分けたい、色柄ものは別で洗いたい、という場合には、「ズボラーネット」を2,3個用意して分けて使うことをおススメします。

ここでのポイントは、「洗濯機に入れるときにいちいち仕分けしたりしなくて済むようにする」ということです。

取り込むときのことを考えて干す!

効率化の大切なポイントは一つ先の動作のことまで考えて対策を打つ、ということです。

干すときには、取り込むときのことを考えて干す。

こちらの商品はいわゆる「引っ張り取込み」式のピンチハンガーです。しかもアームが伸縮する7連ハンガーもセット。

ピンチハンガーの難点といえば、
①部屋干しするときにひっかけにくい
②プラスチックが劣化して割れる
③洗濯ばさみの位置が固定されてしまっている

この3点が代表的なものですが、こういったデメリットをすべて乗り越えたのがこちら。

最大のメリットは「引っ張り取込み」ができるピンチ(洗濯ばさみ)で取込みラクラクの手軽さです。

部屋干しのことも考えて、ドア用フックがついていたり・・・

2か所にハンドルがついていたり・・・

洗濯ばさみの位置も変更できる!

そして本体のフレーム素材はアルミ。

しかも、セットののびのびハンガーは、ハンガーかけの最大のデメリットである、「Tシャツの首が伸びる」対策も。

アームが伸びるので、お子さんの服も、パパの服も同じハンガーで干せます。

梅雨どきも助かる!部屋干し便利グッズはこちら!

梅雨の季節の長雨や、寒い冬の空気で洗濯物が乾きにくいとき、どうしても部屋干しは避けて通れませんよね。

そんなときのお助け便利グッズはこちら!

エアコンの風を有効活用!

エアコンにフレームをひっかけて設置するタイプです。
エアコン運転による風を利用できるので、かなり効率的に乾かすことができます。速乾性ありですね。
そして冬には洗濯物の水分のおかげで、温風による空気の乾燥を軽減できる加湿器の役割を担うこともできますよ。

ピンチハンガーの部屋干しの悩みも解決!

靴下などの小物を干すのに重宝するピンチハンガーですが、部屋干しのときにどこにひっかけるか悩む!という方、多くないですか?
室内用の物干し竿がない場合には、扉の上部にひっかけようかな、と思っても。本体のひっかけ部がハンガータイプではんくピンチタイプの場合にはひっかけることそのものが不可能だったり、ひっかけることができても斜めになってしまったり、どうにも不安定なひっかけ方しかできず、若干ゲンナリ。。。
ですが、そんな悩みを解消してくれそうな便利グッズを発見。

洗濯お役立ちグッズで毎日の”面倒”を乗り切ろう

忙しい毎日のなかで、家事はどれもかかすことのできないルーチンですよね。
だからこそ、少しでも効率化していけば、時間の余裕を生むこともできるはず。
探してみると最近では便利な商品がたくさんあるので、お家の構造や、生活環境にあわせて選ぶことができます。
自分の目的にあった便利グッズ選びはやはり口コミのチェックが大切です。
同じような悩みを抱えている人がきっといるはず。
面倒な洗濯が少しでも快適になるといいですね♪

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする