夏のこどもヘアアレンジ、もっと簡単にやりたいんですけど!?

夏になると、子どものヘアアレンジに悩みます。。
4歳になるうちの娘は生まれてこの方、実は前髪しか切ったことがありません。
後ろの髪は生まれてからずっと伸ばしっぱなし。
もともと毛量が少ないほうなんじゃないかと思っていまして、量を長さでカバーしようという親の目論見だったのですが、もうそろそろ洗うのも大変になってきたので、「カットしたいな~」と思ったころには、こども本人が「切りたくない」と言い初めまして。。
結局、カットしないまま。

ロングヘアが好きならばそれで特に構わないのですが、どうしても気になるのは、暑い季節。夏です。

プールや水遊びはもちろん、公園に行ったりしても、汗いっぱいかいて遊ぶので、髪の毛が首の周りにペタペタとくっついたり、見ているだけでも「暑そうだな…」と思います。

そこで、小さな女の子にぴったりな、かわいくて簡単にできるヘアアレンジ(主にまとめ髪)を探してみました。

スポンサーリンク
AdSense

子どものヘアアレンジは「簡単、シンプル、すぐできる」が希望!

子ども、特に女の子にしぼってヘアアレンジをネットで検索したり、YouTube 見たりしてみたんですが、

私的には、ことごとく「やりすぎじゃないか?(苦笑)」のレベルでして。

もっと簡単、つまりシンプルで、すぐできて、動きに耐えられるようなヘアアレンジはないのか!?

ふんわりおしゃれなかわいさももちろん良いのだけど、それは写真とるとか、どこかにお出かけするとか、何かの発表会だとか、そういうときだけでよくて、日常生活ではそこまでおしゃれで凝っていなくてもいいんです。。

ピンは使うのが苦手だし、遊んでる拍子に怖いことになっても困るので使いたくない。

できればゴム1~2本で。

プールに入るときのことも考えると、スイミングキャップがかぶりやすくて、ゴーグルの邪魔にもなってほしくない。

首回りがスッキリできる感じで。

こんな私のズボラかつ多い要求に答えてくれそうなヘアアレンジを探し、数少ないですが見つけました。

私と同じようなズボラママさんに参考になれば幸いです!

たどり着いたのは元美容師ママさんの動画

すてきなヘアアレンジをYouTubeで公開されている美容師さんたちもたくさんいらっしゃるんですが、やっぱりヘアサロンでやってもらうレベルかなぁ、と思ってしまいました。

でもおそらく、もともとヘアアレンジが好きなママだったら、上手に真似して子どもにもやってあげられると思うのですが、私のように自分自身もあまりアレンジが得意ではないので、そういう人間にとってはちょっと気軽にはできないなぁ、と。

そして、たどり着いたのは、「こはたいちゃんねる」さんの動画。

ママさんは元美容師さんです。

美容師さんの技術と、ママとしての目線がすごくいい具合に調整されていて、「これならできそう!」と思わせてくれるヘアアレンジ動画です。

こどもかんたんヘアアレンジ①くるりんぱ+三つ編み

最初のごあいさつの部分を含めても5分弱の動画です。
でも、そのたった5分の動画の中でも、娘さん(こはるちゃん)、モゾモゾしたりして退屈そうですよね?

これなんですよ~!

子どもは「じっとして」が本当にできないんです。。。

だから、凝ったヘアアレンジに挑戦しようものなら、時間が経つにつれ子どもが静止に耐えられなくなって動き始める→手元がブレブレでほぼ確実に「じっとして!」と語気を荒げてしまうオチになります。

さてさて、本題のヘアアレンジですが。

めっちゃ簡単ですよね。しかもすごくスッキリしてて、涼しそう~!
最後にアクセサリーゴムをつけてあげると確かに女の子っぽさが増してかわいいです。

それに、トップが高くないので、夏の日差しや暑さ対策のために帽子をかぶったとしても、邪魔にならないのがいいな、と思います。

こどもかんたんヘアアレンジ②三つ編みを使ったおだんご

こちらも約4分の動画です。

崩した感じのふわふわのお団子もかわいくて素敵だと思うのですが、実用性(?)を考えると、やはりこの動画のようにきっちりとしてたほうがおだんごも崩れにくく、海やプールに行ったときにもよさそうですよね。
しかもおだんごなのに、ピンを1本も使わない、という。

アッサリしすぎなところに、かわいいクリップなどで飾りをつけてあげることを忘れないところに、ママの優しさと愛情を感じます♪

少しがんばったら「裏編みこみ」もできそう

こちらは「ベビーチューブbabytube」さんのキッズヘアアレンジ動画から。


サイドから裏編み込みをしてきて最後にまとめる、というヘアアレンジですが、難しそうな裏編み込みをスローモーションも入れながら解説しています。

三つ編み、編みこみまでできれば、次は裏編みこみもやってみたいですね。。。

この動画では最後は一つに束ねているだけですが、ここをおだんごっぽくしたら、もっとかわいくなりそうだな、と思いました。
浴衣なら子どもも大暴れしにくいと思いますので、ちょこっと女の子らしさをプラスしてみたくなります。

夏はこどもヘアアレンジのポイントを押さえてママもスキルアップを目指してみよう

こどもの髪は1本ずつが細くてまとまりにくいので、ヘアアレンジも難しい気がします。

動画をいくつか見て気が付いたことは、アレンジするときにまず髪を軽く濡らす(湿らせる)こと。

アレンジがしやすくなりますよ~、と解説していらっしゃる美容師さんも多かったです。

この点はやはりズボラでも参考にすべきポイントのようです。ここを怠ると、かえってより一層やりにくさが増してしまいますから。

夏はとにかく涼しく、汗のべたつきをおさえつつ、できれば帽子もかぶりやすいようなまとめ髪が理想。

それでもどうにもできないときは、やはり潔くショートカットにするしかないかもしれませんが、まずはママとしてのヘアアレンジスキルを無理しない程度に磨いていければと思います!

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする