公園ママの寒さ対策にはユニクロ「ブロックテック」がおすすめ!

「今年いちばんの寒さ」なんていう声が聞こえるようになりました。

11月も中旬を過ぎると、一気に冬モードが加速するわけですが、小さい子供を持つママにとって、子供の「公園行きたい」などのお外で遊ぼうの誘いが、少しづつ辛い季節になってきますね。

「子供は風の子」とは良く言ったもので、子供って本当に寒さ知らず。

うちの子も、長袖の上着を羽織ることを嫌がります。

少し寒いくらいなら、半袖Tシャツだってへっちゃららしいです。

見てる方が寒いので、せめて長袖のパーカーとか、着てもらおうと思っても、「イヤ!」と断固拒否。。。

本人がよっぽど寒くなって、少しガチガチしてくる頃になってようやく着てくれます。

と、子供はそんなふうに、基礎体温も高いですし、動き回っているから寒さも平気なようですが、一緒に付き合っているママは、そうはいきません!

冷え性が女性に多いように、基本的に男性に比べても筋肉量が少ない女性は、身体が冷えやすい。

真冬の公園なんて、修行でしかない、と思うほど。

今年もいよいよこの季節か。。。と思っていたところ、スバラシイ救世主アイテムを実体験したので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
AdSense

冬のお助けアイテム「ユニクロ ブロックテックシリーズ」

CMや雑誌、ネットニュースなどでも目にする機会が多いですよね。

「暖パン」と言われる、アレです。

私、例年はユニクロでヒートテックだけはずっとお世話になってきているのですが、今年初めてこの「ブロックテック」というシリーズものを購入しまして、この驚くべき暖かさに嬉しくなってしまいました!

私が購入したのは、「ブロックテックウォームイージーパンツ」。

もともと、気にはなっていたこちらのアイテム。

購入のきっかけになったのは、朝バイトをしている友人の話でした。

その友人は某運輸会社で朝の仕分けバイトを2-3時間しているのですが、冬の朝は本当に辛く、昨年まではノーマルパンツにヒートテックレギンスを重ねばきしたり、裏フリースジャージなどを着てしのいでいたらしいのです。ところが、今年こちらのブロックテックシリーズを購入して、その暖かさにびっくりして、周りのみんなにおすすめしまくっているようです。

私も、気にはなっていた商品だったので、おすすめ通りにまずは試着してみて納得。即購入させていただきました!

「ブロックテック」シリーズの魅力はやはり「防風」

パンツの内側がフリース素材になっている、というものは他のメーカーやブランドからもたくさんの種類が出ています。

ですが、それらの多くは、あくまでも「じっとしていたら暖かい」、とか、そういうレベルの話。

このブロックテックのすごいところは、歩いたり走ったりして、いわゆる風をきるような動きをしたり、物理的に風が吹いたとしても、その暖かさが揺るがない点。

公園遊びや、自転車に乗るとき、ただ「冷え」から守るだけでは不十分な場面がママにはたくさんあると思います。

内側はもちろんフリースで暖かいのですが、パンツの構造的にも風が入り込みにくいよう、よく考えられていると思います。

  • 足首のあたりにファスナーが付いていて、分厚い靴下や、ブーツ、ハイカットシューズなどと合わせる場合にも、きちんと調節できるようになっている
  • 綺麗に足のラインにまるで吸い付くような感じでフリースが肌にフィットして無駄な空気層がなく、暖かさを履いた瞬間に実感できる
  • ウェストはスナップだけではなくて、ヒモでも留めることができるので、インナーがめくれ上がってきたり、しゃがんだ時にバックリ腰のあたりが晒されることもない

デザインもタウンユースにピッタリ

ユニクロの公式ホームページや、インスタグラマーさんたちの投稿にもあるように、ラインがとてもスッキリしていてもたつき感が全然ないので、スタイリングにこだわりのあるママさんにもおすすめできます!

@koume_516がシェアした投稿

丈の長さにも、短め(67cm)、標準(73cm)、長め(78cm)とバリエーションがあるので、お好みに合わせて選ぶことができます。

他にも、「ブロックテックフリースパンツ」は、スウェットパンツっぽく裾が絞られているので、ジョギングなどのシーンでは、そちらがおすすめです。

暖かい服装で、寒い冬も元気に過ごそう!

寒いからといって、家の中ばかりにいるわけにもいかず、子供達は外で遊びたがります。せっかく外に出て公園にいったりするのならば、ママもじっとしていないで一緒に遊んだ方がずっと楽しいですよね!

ママが元気に一緒に遊んでくれたら、きっと子供も喜びますよ♪

寒さはこれからが本番。

寒さに負けずに、子供とたくさん遊んで、お出かけして、元気に過ごしましょう!

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする