こどもに「YouTube」を見せるのは、アリ!

こんにちは!

こどもとYouTubeの関わりかたについて、興味深いツイートを見つけましたので、シェアしたいと思います。

まずはこちら。

鋭い。鋭すぎます。

このあといくつかツイートが続きますが、中略させていただき、

いかがですか?

YouTubeって、ここ数年でもうテレビにとってかわるのではないかと思われるくらい、自然と私たちの生活に馴染んできましたよね。

私と同年代の親御さんたちにとっては、こどもの頃に同じ経験なんて全くなくて、もっぱらテレビがその役割をはたしていたと思います。

YouTubeを見る見ない、は私たち親世代でいえば、テレビを見る見ない、もしくはゲームをするしないの問題とイコールみたいなものでしょうね。

ママさんたち女性はあまりゲームに馴染みがないかもしれませんが、小学生のころ、初代ファミコンが発売されたりして、友達の家でマリオとかやったりしませんでしたw??

わけもわからず、な感じもありましたが、同級生の男の子たちはおおいに盛り上がっていたことを覚えています。

私はYouTubeもゲームも、どんどんやればいいと思っているタイプです。

確かに正直に言って、YouTubeの中でも、見てほしい番組、見てほしくない番組、いろいろあります。

今はうちの子は4歳なので、ある程度親側で「見てほしい」あるいは「見てもいい」の番組だけを選んでみせることは可能です。

小学生以上になってくるとそれも難しくなってくるのかもしれませんが、そこからはこのツイートにあるように、「意味を持って見る」ということさえきちんと教えておけば、あとは自主性に任せるしかないと思います。

メディアリテラシーって、こういうことから教えていくことが大事で、親があえて「コレは見ちゃダメ!」とかってすると、逆に子どもとしては興味倍増で隠れてコソコソ見るようになるような気がします。

なので、見たいものをバンバンみせて、そのうえで「いいもの」「悪いもの」を自分で判断できるようにならないと、将来大人になって人生のいろいろな選択を迫られたときに、判断基準や決断能力というものが機能しなくなって、それこそ何かおおきな失敗や、辛い思いをしてしまうかもしれません。

それに、たいていのものって「飽きる」と思いませんか?

ある程度やりつくしたら、次に移行していく。

だから、例えばYouTubeとかで、親的に「アホらし」と思ってしまうような内容でも子供にとっては「その時」はめっちゃ楽しくて、でも繰り返して見るうちに飽きて次へいくんだと思います。

自分が子供のときのことを考えてもそうでしたし。

逆にこういうことで、何かを「やりきる」という経験をさせることも大事かな、と思います。

親が強制的に何かを辞めさせて、不完全燃焼なことが子どもの経験として増えてしまうと、「やりきる」感、「つきつめる」感を育ててあげられないんじゃないか、と。

これは、ゲームにも通じることで、「やりきる」っていう経験を手軽にできるのが、ゲームだと思います。

ジャンルは問わなくても、なにかしら、たとえば「クリア」するとか、「コンプリート」するとか。

だから、私はこどもにはゲームさせたいです。

手先も器用になるし。指先を動かすことで脳の働きもよくなるって言いますしねw

今4歳のうちの子でも、こども向けのスマホゲームとか、バンバンやってます。

「一緒にやって~」とか、「むずかしくてできない」とか「どうやるの?」って聞いてくるとき以外は、本人だけにやらせています。

どのゲームをやるのかは、こどもYouTuberがレビューしてくれている動画を見て、本人が決めています。

本人が「楽しそう!」「やってみたい!」というモノを、ダウンロードしてあそぶ、といった感じです。

そしてまた後日あらためてそのYouTube動画を見て「一緒だ~!」と言って喜ぶ(o‘∀‘o)*:◦♪

YouTubeとかスマホゲームとか、うちの子はそれらからいろいろなことを学んでいます。
言葉も、あそびかたも、歌もダンスも、ちょっとした英語まで。

どんな動画を見てるかは、また改めて紹介させていただきますね♪

と、いうわけで、こどもにYouTube、私は圧倒的に「アリ」だと思います!

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AdSense