『Google Home』は子育てママにこそ強い味方かも!

>>>Google Home のご紹介

んにちは!

Googleが2017/10に『Google Home』をいよいよ日本でも発売する方針を固めたそうです。

Google Homeの外観はこんな感じ↓↓

『Google Home』は、いわゆるAIスピーカーで、会話型アシスタントとして機能する音声操作対応のスマートスピーカーです。

iPhoneユーザーなら「Siri」、Androidユーザーなら「OK,Google」をイメージしていただければわかりやすいかと思います。

Google Homeでは、実にいろいろなことができます。

YouTubeや音楽再生はもちろん、お家の中のいろいろなスマートホーム機器の操作、Google検索、ハンズフリーで電話をかける、などなど。。

なんとなく想像できる機能ばかりではありますが、これがより一層生活に密着してくる時代がいよいよ来たのかなぁ、と思います。

多分、最初はみんな「自分でやればいいじゃんw」と思いますよね。

私もそう思います。

でも、よーーーく考えてみたら、ここ数年の私たちの生活って、ある意味かなりスマホに依存していませんか?

スマートフォンというわりに、電話をかけることってあんまりないような気がします。

私なんて1ヶ月に1回あるかどうかじゃないでしょうかねぇ?

電話をかける代わりにチャットメッセージを送ったり、パソコンを開くよりもスマホで検索したり。

その検索する内容だって、レシピをみたり、お店の営業時間を調べたり、天気予報見たり、子どもについての気になることを調べたり。

電卓探すより電卓アプリ使ったり、目覚まし時計の代わりにスマホのアラーム機能使ったり、時間や日付を確認するのもスマホ。

こういうことは全て、私たちはスマホ1台でできちゃうんです。

それを全て、ハンズフリーの状態で言葉にすればいいだけになるのが、『Google Home』。

実はこれって、家事に追われるおかあさんたちの強いヘルプになるような気がしませんか??

忙しい子育て中なんて、実は結構両手塞がってるけど、「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」って頭の中いっぱいになりませんw?

そういうことをぜーんぶ独り言のように言っちゃえばいいんです。

しかもスマートホーム機器の操作もできるから、照明のオン・オフもお任せ、レシピも作りながら一旦手を止めて目が確認して、なんてしなくても「オーブンの余熱は何度?」とか聞いちゃえばいいし、洗い物しながら「今何時!?」とか。

スケジュール管理やTODO管理もしてくれるので、「幼稚園のお迎えまであと何分?」とかって聞くこともできるらしい!

また、エンターテイメント性も兼ね備えていて、ゲームができたり、何かジョークを言ってもらったり、そんな友達みたいな付き合い方もできるところが小さい子にとっても楽しそう(゚∀゚)

日本語サイトではまだ詳細は出ていませんが、米国サイトにはプロモーション動画もありますので、ぜひ見てみてください♪

日本の企業もこのAIスピーカー事業に取り組み始めているようですが、エンターテイメント性と圧倒的な情報ソースを持っているgoogleが、一歩リード、しそうですね。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AdSense